読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママ部のブログ

株式会社サポータスで働くママの日常

「保育園落ちた日本死ね!!!」に思ったこと

開発のヤマちゃんです。

 

ネットで話題になっている「保育園落ちた日本死ね!!!」の記事に胸を傷めています。

お怒りはごもっとも。ごもっともです。

 

 

短時間勤務にも関わらず、私が自宅(23区内)から最寄の保育園に入園できたのは本当に幸運でした。

0歳期に認可外の保育園に通っていたので、そこがポイントになったのかも。

保活については、またの機会に書きたいと思います。

 

日本のせい、だけ?

保育園事情は、1年やそこらで解決できるような問題ではないですね。

この憤りは、次の選挙にぶつけましょう〜

 

どうすんだよ会社やめなくちゃならねーだろ。

 

これは会社にもちょっと問題が…でもこういう会社がまだ多いんでしょうね。

育休期間の延長はできなかったのかな。悲しい。

 

会社にとっても貴重な人材を失うことになるし

うちの会社だったら「いつでも戻ってきてね~」と言ってあげられるのにな。

 

子育てに時間がとられるのは、限られた期間の話。

その間、細々でもキャリアを継続していくことは、ママにとっても会社にとっても重要なことです。

 

私なんて半年休んだだけで諸々のショートカットキーを忘れてしまいました。

産後脳もあって、頭を仕事モードに戻すリハビリが必要でした。

 

短時間でも、週3日でも、仕事を継続していくことは大事だと思います。会社にとっても。

 

自分の仕事と子どもは、「今」どうにかしないといけない問題

スキルのあるママさんが、この投稿のような状況にあるとしたら勿体ない。

日本のせいにして、会社のせいにして、自分の人生をあきらめてほしくないな〜

今の自分の環境にとらわれず、頼れるものは何でも頼って、利用できるものはなんでも利用して、広い視野を持ってしたたかに行動してほしいなと思います。


子育て期は、仕事のキャリアにおいて大事な時期と重なっています。

日本がどうにかなるのを待っていたら、チャンスが通り過ぎていってしまう。

片っ端から保育園電話して、会社には育休延長なり時短勤務なり交渉して、まずは行動あるのみ。ダメなら仕事変えるとか、引越し検討してみるとか。

自分にできることから、まずは頑張ってみませんか。(とかなんとか、思ったりしました

 

 

子育ても仕事もあきらめない
株式会社サポータスは働くママを応援します

anond.hatelabo.jp