読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママ部のブログ

株式会社サポータスで働くママの日常

働く妊婦

開発のヤマちゃんです。

先週Twitterでご報告しましたが、この度第二子を妊娠しました。

1月からつわりがひどく、仕事をセーブせざるを得ない状態でした。

社長はじめサポータスのみんなに支えてもらい、なんとか勤務を継続できています。

安定期に入ったので、これまでのことを振り返ってみたいと思います。

 

妊娠報告のタイミング

つわりがひどすぎてSOS

最初に報告したのは、部長。妊娠2か月の時です。

妊娠2か月で妊娠初期の腰痛(お尻痛)が始まり、立っても座っても痛い。痛みで頭がいっぱいになり、仕事に手が付かないし、ミスも増えてまずい状況に。

 

骨盤を拡張させるためのホルモンが分泌され、筋力の弱い人だとよく腰痛(お尻痛)になるらしい。5年前の妊娠時は全くなかったこの症状。5年で筋力が落ちたんですかね…

妊婦なので、市販の鎮痛剤や湿布薬は使えず。

192abc.com

 

ちなみにメジャーどころの「吐きづわり」はほとんどなく、満員電車に乗ったときに気持ち悪くなる程度でした。

 

自分がリーダーとして進めているプロジェクトも複数あったので、とにかく不安で部長に相談。

部長も2児のパパなので「大事な時期だから無理はしないように」と言ってくれました。

 

妊娠3か月から引き継ぎ開始

ただ部長と私の2人ではどうにもできないことが多いし、明らかに顔色が悪かったので会う人会う人に「具合悪いんですか?」と心配されていました。

悩んだ結果、妊娠3か月で社長はじめ社内の責任者へ報告。

最初に「おめでとう!」と言ってもらえてホッとしました。

業務の具体的な後任も決定し、まだ出産予定日まで半年以上ありましたが、早速引き継ぎがスタート。

 

身内に重度悪阻での入院や、初期流産の経験者もいたので、報告のタイミングについては悩みました。

安定期になったら妊娠報告というイメージがあったけれど、安定期までの道のりが長いこと長いこと。そもそも安定期って母体が安定する(=つわりが落ち着く)時期のことなので、つわりがピークの妊娠初期こそ周囲の理解が必要なんですよね。

 

妊婦としての働き方

在宅勤務と有給休暇

私の場合、少し横になればつわりは回復できました。ヨガマット敷いて横になって良いですか?と会議で提案したら、「そこまでして仕事しないで」と帰宅を命じられました(笑)

そうか…そこまでしなくていいのか…と肩の力が抜けました。

 

前回の妊娠では家で横になっていることができたけれど、今回は息子がいるので最低限の家事育児はこなさないといけません。仕事で体力を使い果たすと家庭が維持できなくなってしまう…

 

通勤するだけで体力を使い果たしてしまう日もあり、元々週1日だった在宅勤務を増やしました。あとは有給休暇がたまっていたので、業務の支障にならないペースで半日単位で消化して静養。

息子が健康でいてくれたことと、保育園行事は在宅勤務で中抜けできたことで、ほとんど有給休暇を使うことがなく、いつの間にかたまっていました。

みんなの理解と協力のおかげです。

 

いつまで会社に来れますか?

今は妊娠4ヶ月で安定期に入り、地獄の腰痛もほとんど無くなりました。2人目はお腹のふくらむのも早くて、服の上からでもわかるくらいに。

 

ポスターを貼ろうとしただけで「代わります!」

キャスター付きのホワイトボードを移動させようとしただけで「代わります!」

と、みんなものすごく気を遣ってくれます。(申し訳ない)

 

そんな中、「産休前のいつまで会社に来れますか?」と同僚に聞かれたことがありました。

産休まで仕事するつもりだし、最初意味が分からなかったのですが、どうやらお腹が大きい後期になるほど大変だと思っているようでした。(初期であんな状態なら後期どうなっちゃうの?的な)

 

むしろピークは越えましたー!

 

妊娠経験した人は妊娠初期がつらい・ハイリスクと知っているけれど、

そういえば私も妊娠するまで知らなかったもんな…と気づきました。

サポータスのママ部に妊娠報告した際、みんなそれぞれのつわり体験を話してくれました。

食べたいもの、苦手なにおい、人酔い、パソコンの画面酔い、異常な眠気、吐きづわり、食べづわりなどなど。

 

妊娠時の体力や症状には個人差があります。自分自身でも前回と今回の妊娠では経過が全然違います。

 

Twitterで働く妊婦さんたちを見ると、マタハラって本当に存在するんだなと驚かされることもあります。

みんながみんな違って当たり前だし、病気じゃないから薬で治すこともできません。

辞めるか・堪えるかの2択ではなくて、無理なく働き続けられる方法を一緒に考えてくれる会社がもっと増えてくれることを願います。

 

後期も腰痛が出やすいみたいなので、引き継ぎを完了させて完全在宅勤務が出来るように準備していきます!

 

 

大掃除と忘年会2016

開発のヤマちゃんです。

 

新年明けてすでに半月ですが、年末のお話です。

 

毎年恒例の大掃除&忘年会に、社員の子どもたちがたくさん参加しました。

子どもたちみんなで会議室の窓拭きをして、ピカピカに!

 

そしてお昼からはお楽しみの忘年会~♡♡♡

 

 ▲Twitterでは「忘年会が昼開催なんてうらやましい!」とのリプライもありました。

 ほんとに助かってます。いつもありがとうございます。

 

 

今回お世話になったお店はこちら。

鉄板焼き いわ倉 さん

restaurant.ikyu.com

 

・・・予想外におしゃれなお店だったので、入店直後不安になる幼児ママたち。

 

座ってられるか?走り回らないか?静かにしていられるか??

 

でも貸切にしてもらったので、子どもたちものびのびと楽しく参加できました。

その盛り上がりぶりは、楽しそうな残像からお察しください。

 

 

そんな中、社長の「子どもたち集合〜!」の合図で、カウンター席に子どもたち大集合。

目の前で焼いてくれるお好み焼きを真剣に見つめていました。

女の子たちの「ハート描いて!」などのリクエストにも快く対応してくれました(^^)

 

 

いわ倉さん、ありがとうございました!

 

息子は会社が大好きなので、またイベントに参加できることを楽しみにしています。

次はお花見かな?楽しみにしています~

 

ブログ更新は遅いですが、Twitterの方はほぼ毎日Tweetしております。

Twitterアカウント(@supportas_mama)もよろしくどうぞ。

ママ部拡大中~

開発のヤマちゃんです。

 

今年の夏頃から少しずつママさんの応募が増え、株式会社サポータスでは現在7名のママさんがお仕事しています。

なんと「ママ部」が社内で一番人数の多いチームになりました!

 

f:id:mama_blog:20161107134643j:plain

 

思い起こせば、

マザーズハローワークへ最初の求人を出した時は「技術職」というだけで求人票を受理してもらえず。

技術職を希望するママは、マザーズハローワークには来ませんよ」と門前払いされるなど。。

※お願いして(半ばダメ元で)受理してもらいました。

 

家庭と両立できる環境さえ整っていれば、

独身時代に身につけたスキルを活かして働きたいというママも多いはず!!

 今では採用実績が増えたためか、マザーズハローワークの窓口でもおすすめしてくれているようです。ありがとうございます!

 

現在は後輩ママさんたちの育成に力を入れるため、一旦採用はお休みしています。

また落ち着いたら、ママ採用を再開する予定です(^^)

 

 

私は、会社に行くのが楽しいです。

せっかくなら、後輩ママたちも楽しく仕事ができるような会社にしたい。

今はコツコツとママ部の体制づくりを頑張ります◎

夏季休暇2016

開発のヤマちゃんです。

 

サポータスでは夏季休暇は8月中に2日取得するルール。

新しくできた山の日にくっつけて5連休にしました。

 

でも相変わらず激務の夫は日曜しかお休みがなく、母子だけで遠方に住む実家へ

怠けに行ってきました。

孫の顔を見せに行ってきました。

 

以前は遠出するときは仕事用PCを持参していったものですが、ここ2年で信頼できる仲間が増えたのでPCはお留守番。

そういえば出産(予定帝王切開)の前日まで仕事していました。当時はまだ会社が7人、女性は私1人だけでした。※現在は女性6人

実家の祖母に「その機械で仕事できるのか?東京の会社の人から仕事がくるのか?」と不思議がられたりしつつ。

産後の育休中ものんびり仕事しよう~と思っていたんですが、産んだら全くそんな余裕はありませんでした。いかに育児を甘く見ていたか、妊娠中の自分に忠告したい。

 

そんな感じで生まれた息子も3歳になった今では、新幹線に座って乗っていけるし(その分運賃はかかるけど)、いとこたちと子どもだけで遊んで過ごせるし、手がかからなくなったな~と実感しました。 ←当社比

おまけに実家では家事もしなくていいし ←再重要

夏季休暇でしっかり充電させてもらいました♡

 

まあ自宅に帰ったら、早速家事に追われて消耗したんですけども。

 

 

追記:

連休のうち1日、一人だけのお休みをもらいました◎

美容室に行って白髪が目立ちにくくなると噂のハイライトカラーに…!

ヘアカラーのハイライトはママにおすすめ 黒髪でもおしゃれに見える髪型です♪|cuta [キュータ]

出産を機に白髪が一気に増えると聞きますが、

よく見たら夫も白髪が増えていたので、単なる加齢によるものかもしれない。

 

営業支援EXPOに出展しました

開発のヤマちゃんです。

 

2016年7月6日(水)~7月8日(金)の3日間、東京ビックサイトで開催された営業支援EXPOに出展しました。

部署関係なく社員みんなでお祭り騒ぎ。なかなかの盛況ぶり!

来年はブースを拡大して出展予定です(^^)

www.ss-expo.jp

 

ママ部はというと、事前の招待状手配などの事務作業の他に

ブース前で集客&サービスのご案内をしました。

 

f:id:mama_blog:20160712140230j:plain

 

普段は座りっぱなしの開発作業がメインなのでヘトヘトになりましたが、

手ごたえもあったし、なにより楽しかったです。

他社のサービスも見ることができて、良い刺激をたくさんもらいました。

 

なんと男性営業マンたちを差し置き、営業経験のあるママさんが初日のMVPに!

開発に限らず得意なことを活かすチャンスがたくさんあるのは、うちの会社の良いところですね。

 

来年の出展も今から楽しみにしています。

 

~今回展示していた主な商品はこちら~

iRCA CALLsystem with BIZTEL | サポータス

iRCA SERIES|イルカシリーズは企業活動で必要な業務をパッケージ化、必要な業務の機能だけを選択して導入 | サポータス

 

おてがるごはん

開発のヤマちゃんです。

 

家事育児は、いかに手を抜くかに情熱を燃やしています。

復職したとき、WM先輩の実母からはベビーフードやら和光堂の「おやこdeごはん」が定期的に送られてきました。

 

www.wakodo.co.jp

 

家事の手抜きは母譲り。おかげで罪悪感は感じたことがないです。

偏食の息子が食べてくれる・親子で笑ってごはんが食べられるのが何より大事だと思っています。

 

ところで最近、またネットでクックドゥ論争が勃発

matome.naver.jp

 

もはや "【定期】クックドゥ論争"。

いつになったらこんな不毛な争いがなくなるんでしょうか。

私なんてクックドゥすら面倒と思ってしまうレベルだというのに。

 

TwitterのTLが怒る主婦のツイートで加速するなか、こんな記事を見つけました。

 

味の素が和風のメニュー用調味料の開発の必要性を認識したのが11年。ちょうどその時、「Cook Do」のブランドマネージャーとなった中島さんが7月から本格的に開発に着手した。

コンセプトの決定は奥さんの言動がヒントになっている。「Cook Doの中華は味が濃くて辛いので息子(小学校1年)は食べないと妻に言われたことから、子供も大人も満足して食べられる味を基本にした」。また「主婦は本当にメインのおかずに苦労していることがわかった。だから、子育てや仕事に忙しい主婦の悩みを解決すること。その上で簡単に失敗なく、おいしく作れること」。そして「冷蔵庫にある野菜やいつでも買える経済的な肉類を使用する」ことがコンセプトとなった。

www.ssnp.co.jp

 

素晴らしいじゃないですかーーー

 

感動したので早速スーパーでクックドゥ買ってきました。

きょうの大皿「トンテキ」

f:id:mama_blog:20160704161139j:plain

 

夫の感想はというと

 

 

    …いまいちでした…(^ν^)

 

でも通常版のクックドゥより薄味で、私や息子にはちょうど良かったです◎

「きょうの大皿」はリピートしようと思います~

 

 

マミートラックって食べられますか

開発のヤマちゃんです。

 

うれしい記事が掲載されました。

 

 

このシステムの開発を担当したのは、なんと1人の幼稚園ママさん。

子どもを幼稚園に通わせながらなので、働き方はのんびり。だけど仕事の中身はしっかり。

最近問題になっている「マミートラック」とは無縁のママ部です。

 

 

マミートラックとは?

結婚、出産後も子育てをしながら働く女性が増えている。しかし、小さい子どもを抱えるワーキングマザーにとって仕事と家庭の両立は簡単ではない。時間に制限があるため重要な仕事を任されず、その結果、昇進も停滞、仕事へのモチベーションが低下し、やがて退職を選択する―?このような現象は「マミー・トラック」と呼ばれ、社会問題化している。

www.excite.co.jp

 

しかし、マザーズハローワークの職員さんから聞いた話では

子育て中の求職者は責任ある仕事を避ける傾向があるそうです。

一方ではマミートラックで苦しんでいる人もいますが、子育てを取り巻く問題は本当に人ぞれぞれなんですね。

 

サポータスでは子育て中の社員にも、他の社員と変わらずしっかりお仕事をお任せしています。

家庭第一で働きたいので、仕事のやり方を日々工夫しています。

  • 自分が何ができて何ができないのか、自分のスキルを知る
  • どのくらいまでに完了できそうか、スケジュールに見通しを立てる
  • 困ったときには助け合えるよう、日ごろから情報共有する(雑談大事)

 

時間はのんびり、仕事はしっかりが理想的。

前向きに刺激しあえるママ仲間がいるのは、うちの会社のよいところ。

私も負けずに頑張るぞー!(ただし時間はのんびりで)

 

 

supportas.co.jp