ママ部のブログ

株式会社サポータスで働くママのブログ

ワークライフバランス

開発のヤマちゃんです。

 

残りの所定労働時間も残すところ5時間となりました。産休までカウントダウン中。

そんな中、人事労務系の本をオススメされたので読んでみました。

 

 

主に人事労務の社内制度に関する本ですが、ワークライフバランスの実践について書かれている部分に思うところがあったので、ちょっと長いですが書き留めておきます。

社内制度を作る会社側の目線から、ワークライフバランスを考え直すきっかけになりました。

 

本当のワークライフバランスは「仕事のできる人」にしかできない

ワークライフバランスとは「仕事と私生活の調和」です。

Twitterで働くママのツイートを拝見していると、私と同じように時短勤務の方も多いです。また最近は「会社はパパを早く家に帰してほしい」という声もよく目にします。

短時間勤務・長時間労働の是正を求めている人は多いのではないでしょうか。

 

短時間勤務は時間に制限があるため、仕事の効率化が大きな課題になります。

私自身も4年間短時間勤務をして肌で感じています。

 

この本の中で「仕事のできる人」は短時間で効率よく成果を上げることは可能だけれど、逆にそうでない人はプレッシャーに押しつぶされてしまうことがある…と書かれています。

「仕事のできる人」というと語弊があるような感じがしますが、ここでは「タイムマネジメントができる人」のことを指しています。

自分の裁量で仕事のスケジュールを組むことができる人のことです。

 

タイムマネジメントができない人の例

  • 責任感が強く、任された仕事の優先順位がつけられない
  • まじめで、一度決めたスケジュールを臨機応変に変えられない

 

ぐぅ...これは…あるあるですね...

 

では、タイムマネジメントができない人は、短時間勤務で活躍することはできないのでしょうか。

この本には、会社がどうタイムマネジメントの教育をしていくべきかという具体的なアイデアも書かれていました!(気になる方は書籍をどうぞ~)

復職後に会社へフィードバックして、皆で共有できる場を設けたいと思います。

 

 

 

ワークライフバランスを一日の時間軸で考えない

保育園のお迎え担当のパパママの場合、たった15分の残業で保育園の追加料金が発生してしまうという人もいるのではないでしょうか。

仕事が終わって家に帰れば「第2ラウンド」の始まり。晩御飯の支度、掃除洗濯、子どものお風呂から寝かしつけ。

子育て中はとにかく時間の余裕がないので、サポータスには短時間勤務・在宅勤務制度に魅力を感じて応募してくれるママがたくさんいます。

 

ただ、短時間勤務や在宅勤務制度の導入で、みんながみんなワークライフバランスを実現できるわけではありません。

実際に、サポータスで短時間勤務からフルタイムへ変更した同僚ママに話を聞いたところ、収入も増えたし、時間に追われず伸び伸び働けるようになったとのこと。

また、在宅勤務制度を利用しているママ社員の中で、週5日在宅勤務を希望する人はほとんどいません。確かに1人で作業するときは集中できるし効率がいいけれど、会社に来た方が周りを頼りやすいし情報共有しやすいので効率がよいこともあります。

 

この本の中で、厚労省が推奨しているワークライフバランスは一日単位の「近視眼的」なものだと指摘されています。

ワークライフバランスとは「仕事と私生活の調和」であり、「どんなことに価値をおいた人生をおくりたいのか」「自分のライフで大切なものは何なのか」によって決まるものなので、中長期的な視点が必要ですね。

 

給与が下がっても勤務時間を短くしたい人もいるでしょうし、残業してでも給与がたくさん欲しいという人もいるでしょう。

同じ子育て中のパパママでも、家事育児を夫婦で分担している家庭もあれば、妻がワンオペという家庭(わが家)もあります。家庭の事情によって、子どもがいても短時間勤務が必要ない場合もあります。

 

若いうちにたくさん経験を積んで、その余力で人生の後半は楽に過ごすという考えもあります。

 

axia.co.jp

子どもが生まれてからは勉強する時間がないので、私も独身時代~出産前の仕事の経験を食いつぶしながら働いているような気がすることも。

 

昔の自分に救われることも。 

 

 

ワークライフバランス」という言葉が先行していて、自分のワークもライフも見失ってしまいそうな時がありますが、”こうあるべき!”という一般論に流されず、産育休中に自分なりのワークライフバランスを考えてみたいです。

 

書籍紹介

優良企業の人事・労務管理 (PHPビジネス新書) 

f:id:mama_blog:20170804123327j:plain

 

新オフィス探検

開発のヤマちゃんです。

 

新オフィスに遊びに行ってきました!

エレベーターを降りて左側に、素敵なエントランスが。

f:id:mama_blog:20170803110643j:plain

工事前は中に人がいるかどうかわからず、入りにくい雰囲気でしたけど。

そしてちゃんと受付用の電話置いてある!前はインターホンでした。。

 

社内をぐるっと探検して、キャーキャーはしゃいできました(笑)

知らない会社みたいでちょっと緊張。

他のママさんたちに声かけたら、休憩スペースはランチタイムに活用してくれているようで安心♪

オープンな雰囲気のオフィスで、会社のカラーにとてもよく合っていると思います。

 

復職したらここで働けるのが、産後の楽しみ!

わくわくします^^

プレ産休

開発のヤマちゃんです。

プレ産休期間ということで、ゆったり完全在宅勤務させてもらっています。

 

プレ産休と燃え尽き症候群

 

 

本格的な休業開始までの慣らし期間として、プレ産休という形にできたのは良かった。きっと急にお休みに入っていたら、マタニティブルーに陥っていたかも。

 

家族のために時間を使う喜びを感じたり、息子の赤ちゃん返りに向き合う余裕を確保するためにあえて休養したり…

たくさんある時間の使い方が、少しずつ体で分かってきたような気がします。

 

プレ産休のよいところ

多くの妊婦さんが、産休ギリギリまで引き継ぎをやって「あとはよろしく!」と半ば強制的にお休みに突入すると思います。

他の人へ引き継いだ業務を見守れるのも、プレ産休のよいところ。

 

引き継ぎ忘れてたことや、過去の経緯についての質問がポロポロ出てきたり…

今まで経験則や感覚でやってきていた細かい業務が、引き継ぎを機にどんどん見える化&整理されて「ああ、そういうやり方もあったのか!」と後任から学んだり気付いたり。どうしても長くやっていると属人的になるし、定期的に配置換えすることって大事だなあと思いました。

 

プレ産休期間にも成長できている気がします。妊娠のおかげで、仕事のよい気付きをたくさんもらっています。

先日引き継いだ後任の1人に「負担かけちゃってすみません」と謝ったところ、「いい勉強になります!」と言ってもらえて、とても救われた気分になりました。

願わくば、引き継いだ後任たちにとっても、会社にとっても、よいチャンスになりますように。

 

復職したら、こういう経験をまた会社に返していきたいです。

 

会社のオフィス工事が完了!

写真を送ってもらいました!とってもいい雰囲気です♡

f:id:mama_blog:20170720113132j:plain

f:id:mama_blog:20170720113135j:plain

f:id:mama_blog:20170720113139j:plain

写真2枚目の奥にあるソファが、私待望の休憩スペースのようです。これでパーテーションがあれば完璧^^

 

産後、と思っていたのですが居ても立ってもいられず。

産休前に遊びに行きたいと思います~!

 

BBQとベビーシャワー

開発のヤマちゃんです。

産休に向け、6月末が最終出社となりました。

8月の産休までは、完全在宅勤務でゆったりお仕事する予定です。

 

7月1日(土)に、全社員でBBQをしました♪

社員の家族も呼んで、とってもにぎやかでした。

f:id:mama_blog:20170703104704j:plain

 

場所はプリンスホテルの「森のビアガーデン」。

途中雨もパラつきましたが、大きな屋根もあったので問題なし!

トイレもきれいだし、子ども用イスも用意されていて子連れでも安心でした。

屋外なので、子どもたちが元気に遊びまわっても気になりません。

top.tsite.jp

1回目の産育休をもらった時に比べると社員数は6倍近く増えたこともあり、今回は余裕をもって引き継ぎができたので、安心して出産準備ができそうです。

ベビーシャワーということでみんなからプレゼントもいただきました♪

 

「戻ってくる頃には、さらに人数が倍になっているかも!」と執行役員からのコメントもあり、いよいよ会社のオフィス改造工事も始まったし、産後戻ってくることを今から楽しみにしています。

 

▼オフィス大変身中~!!私のリクエストした「休憩スペース」も今回新設される予定♡

7月中旬までは、お越しいただくお客様にはご不便おかけするかもしれません m( _ _ )m

f:id:mama_blog:20170703110447j:plain

 

会社でできる「ママの両立支援」については、ある程度形になってきたかなと思います。

次に戻ってきたときはママという属性に限定せずに、「みんなが楽しく働ける会社」を目指して展開できたらな~と思います!

 

子育て中の方も、そうじゃない方も、現在サポータスでは仲間を募集しています。

ご興味ある方は採用担当までお問合せください♪ お問合せはこちら

 

ではではもう少しの間、お仕事ゆったり頑張ります!

 

嬉しい変化

開発のヤマちゃんです。

早めに妊娠報告し、産休へ向けての引き継ぎも順調でゆったり過ごしています。

お腹が日に日に大きくなり、仕事中に胎動が激しすぎて笑ってしまうことも。

 

私のお腹の子の成長も日々めまぐるしいですが、先月は会社の嬉しいニュースが立て続けに起きました♪

 ▼ドドンと3つ!

 

来月には会社オフィスの拡張&改装も準備中!

リニューアルにともない、ママ社員全員にアンケートを実施しました。今のところ、リクエストのほとんどが採用されそうです。

社長からは「ベビーゲートがあるといいんじゃないか?」「おもちゃも置こうよ!」というアイデアも飛び出していて、果たしてどんなオフィスになるのかとても楽しみです。

 

ママ部でも、短時間正社員の働き方やルールを見直し中。

みんなが効率よく無理なく働けるように、会社をあげて取り組んでいます。

こんなタイミングで産休に入っちゃうのが少しさみしいですが、同時に戻ってくるのが楽しみでもあります。

 

★お知らせ★

マザーズハローワークに短時間正社員の求人を公開しました。

マザーズ限定求人のため、通常のハローワークからは閲覧できません。

マザーズハローワーク(渋谷・日暮里・立川)と、都内6か所のマザーズコーナーから閲覧できます。再就職、転職をお考えのパパさん&ママさん、よろしくお願いします^^

マザーズハローワーク・マザーズコーナーについてはこちら

 

 

Twitterもやっています♪ ※子育てと仕事関連が9:1

twitter.com

働く妊婦

開発のヤマちゃんです。

先週Twitterでご報告しましたが、この度第二子を妊娠しました。

1月からつわりがひどく、仕事をセーブせざるを得ない状態でした。

社長はじめサポータスのみんなに支えてもらい、なんとか勤務を継続できています。

安定期に入ったので、これまでのことを振り返ってみたいと思います。

 

妊娠報告のタイミング

つわりがひどすぎてSOS

最初に報告したのは、部長。妊娠2か月の時です。

妊娠2か月で妊娠初期の腰痛(お尻痛)が始まり、立っても座っても痛い。痛みで頭がいっぱいになり、仕事に手が付かないし、ミスも増えてまずい状況に。

 

骨盤を拡張させるためのホルモンが分泌され、筋力の弱い人だとよく腰痛(お尻痛)になるらしい。5年前の妊娠時は全くなかったこの症状。5年で筋力が落ちたんですかね…

妊婦なので、市販の鎮痛剤や湿布薬は使えず。

192abc.com

 

ちなみにメジャーどころの「吐きづわり」はほとんどなく、満員電車に乗ったときに気持ち悪くなる程度でした。

 

自分がリーダーとして進めているプロジェクトも複数あったので、とにかく不安で部長に相談。

部長も2児のパパなので「大事な時期だから無理はしないように」と言ってくれました。

 

妊娠3か月から引き継ぎ開始

ただ部長と私の2人ではどうにもできないことが多いし、明らかに顔色が悪かったので会う人会う人に「具合悪いんですか?」と心配されていました。

悩んだ結果、妊娠3か月で社長はじめ社内の責任者へ報告。

最初に「おめでとう!」と言ってもらえてホッとしました。

業務の具体的な後任も決定し、まだ出産予定日まで半年以上ありましたが、早速引き継ぎがスタート。

 

身内に重度悪阻での入院や、初期流産の経験者もいたので、報告のタイミングについては悩みました。

安定期になったら妊娠報告というイメージがあったけれど、安定期までの道のりが長いこと長いこと。そもそも安定期って母体が安定する(=つわりが落ち着く)時期のことなので、つわりがピークの妊娠初期こそ周囲の理解が必要なんですよね。

 

妊婦としての働き方

在宅勤務と有給休暇

私の場合、少し横になればつわりは回復できました。ヨガマット敷いて横になって良いですか?と会議で提案したら、「そこまでして仕事しないで」と帰宅を命じられました(笑)

そうか…そこまでしなくていいのか…と肩の力が抜けました。

 

前回の妊娠では家で横になっていることができたけれど、今回は息子がいるので最低限の家事育児はこなさないといけません。仕事で体力を使い果たすと家庭が維持できなくなってしまう…

 

通勤するだけで体力を使い果たしてしまう日もあり、元々週1日だった在宅勤務を増やしました。あとは有給休暇がたまっていたので、業務の支障にならないペースで半日単位で消化して静養。

息子が健康でいてくれたことと、保育園行事は在宅勤務で中抜けできたことで、ほとんど有給休暇を使うことがなく、いつの間にかたまっていました。

みんなの理解と協力のおかげです。

 

いつまで会社に来れますか?

今は妊娠4ヶ月で安定期に入り、地獄の腰痛もほとんど無くなりました。2人目はお腹のふくらむのも早くて、服の上からでもわかるくらいに。

 

ポスターを貼ろうとしただけで「代わります!」

キャスター付きのホワイトボードを移動させようとしただけで「代わります!」

と、みんなものすごく気を遣ってくれます。(申し訳ない)

 

そんな中、「産休前のいつまで会社に来れますか?」と同僚に聞かれたことがありました。

産休まで仕事するつもりだし、最初意味が分からなかったのですが、どうやらお腹が大きい後期になるほど大変だと思っているようでした。(初期であんな状態なら後期どうなっちゃうの?的な)

 

むしろピークは越えましたー!

 

妊娠経験した人は妊娠初期がつらい・ハイリスクと知っているけれど、

そういえば私も妊娠するまで知らなかったもんな…と気づきました。

サポータスのママ部に妊娠報告した際、みんなそれぞれのつわり体験を話してくれました。

食べたいもの、苦手なにおい、人酔い、パソコンの画面酔い、異常な眠気、吐きづわり、食べづわりなどなど。

 

妊娠時の体力や症状には個人差があります。自分自身でも前回と今回の妊娠では経過が全然違います。

 

Twitterで働く妊婦さんたちを見ると、マタハラって本当に存在するんだなと驚かされることもあります。

みんながみんな違って当たり前だし、病気じゃないから薬で治すこともできません。

辞めるか・堪えるかの2択ではなくて、無理なく働き続けられる方法を一緒に考えてくれる会社がもっと増えてくれることを願います。

 

後期も腰痛が出やすいみたいなので、引き継ぎを完了させて完全在宅勤務が出来るように準備していきます!

 

 

大掃除と忘年会2016

開発のヤマちゃんです。

 

新年明けてすでに半月ですが、年末のお話です。

 

毎年恒例の大掃除&忘年会に、社員の子どもたちがたくさん参加しました。

子どもたちみんなで会議室の窓拭きをして、ピカピカに!

 

そしてお昼からはお楽しみの忘年会~♡♡♡

 

 ▲Twitterでは「忘年会が昼開催なんてうらやましい!」とのリプライもありました。

 ほんとに助かってます。いつもありがとうございます。

 

 

今回お世話になったお店はこちら。

鉄板焼き いわ倉 さん

restaurant.ikyu.com

 

・・・予想外におしゃれなお店だったので、入店直後不安になる幼児ママたち。

 

座ってられるか?走り回らないか?静かにしていられるか??

 

でも貸切にしてもらったので、子どもたちものびのびと楽しく参加できました。

その盛り上がりぶりは、楽しそうな残像からお察しください。

 

 

そんな中、社長の「子どもたち集合〜!」の合図で、カウンター席に子どもたち大集合。

目の前で焼いてくれるお好み焼きを真剣に見つめていました。

女の子たちの「ハート描いて!」などのリクエストにも快く対応してくれました(^^)

 

 

いわ倉さん、ありがとうございました!

 

息子は会社が大好きなので、またイベントに参加できることを楽しみにしています。

次はお花見かな?楽しみにしています~

 

ブログ更新は遅いですが、Twitterの方はほぼ毎日Tweetしております。

Twitterアカウント(@supportas_mama)もよろしくどうぞ。