ママ部のブログ

株式会社サポータスで働くママのブログ

ママブログ

☆☆MVP☆☆

はじめまして。
しのさん、かみちゃん、うえちゃんに続きブログデビューしました。
ママ部入社1年目の支店長です。
よろしくお願いします。_〆(・ω・)
いや支店長っていうのは役職じゃなくてそもそも支店て・・・


まあそんなことはさておき
今回皆さんにどうしてもお伝えしないといけない(自慢したい)
出来事がありました。

実は先日のFileMaker カンファレンスの最終日に

FileMaker Japan Excellence Award」

の授賞式がありまして、なななななんと
わが社は
「Partner of the Year – Growth Leadership 2017 」
というなんだかすごい賞を受賞しました。キャーゞ(^o^ゝ)≡(/^ー^)/"""パチパチ


f:id:mama_blog:20171117092709p:plain

www.filemaker.com

 

あまりの快挙に受賞に立ち会った全員も
・・・・・・
エッ?
えええええええええええっ!!
みたいな心境でした。

とにかくそんなすごいサポータスの社員でうれしいなーって。
そしてウエストは引き締まらないけど気を引き締めて頑張ろうって思いました。

ではでは

カンファレンス★デビュー

はじめまして。

 サポータス開発部門のママ部、うえちゃんです。

 ・入社3か月半

・3児の母(中1男子、小4男子、小1女子)

 しのさん、神ちゃんに続き、私も初ブログです。

 どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

 今回は、先日開催されたFileMakerのカンファレンスについて書いてみます♪

 FileMaker カンファレンス 2017★

今年は、パシフィコ横浜 会議センターにて

10月23日(月)~25日(水)の3日間開催されました。

 

FileMakerとの出会いから3カ月の経験値低い私ですが、

機会をいただきビッグイベントに2日間参加させていただきました。

 

超大型台風21号接近でどうなることかと心配してましたが、

当日は天気も回復!

f:id:mama_blog:20171110103400j:plain

 初日のオープニングセッション、

電車の遅れがありながらもなんとか間に合いました。(ホッ)

 

1000人入る会場でFileMaker社長・ビル氏の講演を皮切りに、ユーザ事例や、プラチナムスポンサーによるプレゼンテーションなど、盛り沢山な内容でした。

 

ここまで規模が大きいとは思ってなかったので、

広い会場キョロキョロしつつ、場所移動。

弊社もブース出展を行っている「ショウケース」を探します。。。

 

無事、3Fの展示会場「ショウケース」に到着。

 

f:id:mama_blog:20171110103505j:plain

 

サポータスオリジナルシャツ(FileMaker/supportas刺繍入り!)に身を包んだ、弊社社員がきびきびと対応しておりました。

 

 多くの方が、入れ代わり立ち代わりいらっしゃる中、

MACお宝鑑定団danbo氏も我がサポータスブースに立ち寄っていただきました!

 

弊社担当曰く、Macユーザには超有名なお方だそうです。

 

ブログでオープニングセッションについて詳しくリポートされてます。

www.macotakara.jp

#多数ブースがある中、サポータスを紹介していただいてます(^^)

 

ショウケースで他社のAPPを実際に触って見たり、

セッション参加ではさまざまなお客様事例を見ることができ、

FileMakerの奥の深さや将来性を知ることができた貴重な2日間でした。

 

★仕事について★

ご縁があり、ママ部の一員になり

あっとゆう間に3か月半が経ちました。

 

無事研修期間も終わり、

次の目標は、在宅勤務です。

頑張ります♪

 

では、この辺で。

 

次のママにバトンタッチ☆彡

 

☆歓迎ランチ☆

初めまして。
ママ部入社1年目の神ちゃん@XL1200Lです。
普段はサポータス本社事務所で勤務、
週に一度お客様先へ訪問、作業しています。

しのさんに続き、私も初ブログ。
宜しくお願い致しますm(_ _)m

 

さて今回は、今月入社された方の歓迎ランチの様子を
ほんの少しご紹介したいと思います。
近くの創作居酒屋さんで、みんなでゴハン。

 

f:id:mama_blog:20171106135049j:plain

 

お茶だけどカンパーイ。(ソデをチラリ)

 

f:id:mama_blog:20171106135053j:plain

 

気付きました?

女性用のサポータスシャツが出来上がりました!

刺繍がカワイイ❤️

仕事でお揃いの服って一体感生まれますね。

普段 着慣れないYシャツのせいか、
気疲れ→着疲れしてしまいました(^^;

 

文化の日の連休中は子供と一緒に実家へ帰り
しっかりリフレッシュ。
今週からまた頑張ります!

では。

 

--------------------
自己紹介(神ちゃん)
サポータス開発部1年目
仮面ラ○ダー大好きの女児の母
自分はライダー歴13年くらい。 → 失礼しました。バイク歴の事です(-_-;)
昔DATやMO使ってました(^^)
念願の在宅勤務、時々しています。

 

馬肉会♪

こんにちは。

サポータス 営業事務の “しの” です。初ブログです。

宜しくお願いします ♪

 

Blog名:しの

・間もなく入社1年

男児3人(小4、小1、3歳)の母

 

先日、ママ部の飲み会がありました。

母にとって、夜の飲み会に参加することは、なかなかハードルが高いのですが、「記念すべき第1回目のママ部飲み会だもん、参加しなきゃ!(本音は、夜自由になれる絶好のチャンス!!)」ということで、子供達のことは夫に任せて参加してきました。

 

夜の大人時間を久しぶりに満喫できるという解放感もあってか、最初から皆のテンションも高っ↑↑↑↑↑

行ったのは、馬肉専門の居酒屋さん。

馬刺し、たたき、お鍋などなど。実は、馬肉を食べるのは初めてで少々不安だったのですが、全然クセがなく、とっても美味しくて幸せ💛

 

とにかく、喋って喋って笑いました。

皆の仕事の時とは違う一面も見れて、ぐ~っと距離も縮まりました。

本当にサポータスのママ達は、タフ&パワフルで、気持ちがいい人ばかりです。

f:id:mama_blog:20171102103040j:plain

 

f:id:mama_blog:20171102103051j:plain

f:id:mama_blog:20171102103027j:plain

さて、帰宅後、やっぱり子供の宿題まではみていなかった夫。。。

お迎え⇒夕食⇒入浴⇒遊ぶ⇒寝かしつけ、で力尽きたよう・・・洗濯物も山積み・・・

『パパ教育』も目標に入れよう、と誓った夜でした。

 

あと5日!!

こんにちは。

あんべです。

 

あと5日。

なんのことかと思いますよね。

 

弊社サポータス、今年も

Forbes JAPAN WOMEN AWARD 2017

にエントリーしました。

※Forbes JAPAN WOMEN AWARDは、1000人のキャリア女性、

1000社の企業が選ぶ、日本最大規模の活躍女性&企業表彰です。

 

投票期間が10/31 (23時59分まで)までという事であと5日です。(笑)

1日1回投票が可能ですので、ポチリとお願いします(^^)/

TwitterFacebookなどSNSでのシェアボタンもついていますので、

拡散していただけたら嬉しいです★

women-award.jp

 

====================

今日は女性陣で馬肉を食べに行ってきます♪

またその模様は次回の担当が載せますね。

ママ部blog再開します!

こんにちは。
サポータス開発部門のママ部、あんべです。
ヤマちゃんが産休に入りblog更新が止まってしまいましたが本日から再開します。

昨年からママ部も人数が増え、今後は全員で更新していきます。

 

更新1回目の担当は…
blog名:あんべ
・サポータス開発部4年目
・小学2年生の男子(私鉄オタクで乗り鉄)の母

どうぞよろしくお願いします。


ランチ休憩の風景
7月に事務所の増築、改装が行われてからのランチ時間の休憩スペースはこんな感じです。↓

 

f:id:mama_blog:20171026094923j:plain

 

この日は一日中雨で、お昼買いに行きたくないしピザでも取っちゃう?という話でデリバリーしました🍕
1ピースなんと130円ちょい。
600円位でお腹一杯になりました。

これから寒くなるので、またデリバリー頼んでしまいそうです😊


●仕事と子育てのこと
サポータスはママの活動を応援しています。

とある通り、とても働きやすい環境です。
私自身の話で言えば、最近、子供の小学校で町探検がありました。
数名のグループになって、決めたお店等にインタビューをしに行くのですが、保護者も引率でお手伝いをしました。

お仕事をされていると中々お休みを取って参加は難しい所ですが、私は午前半休を取らせてもらい、午後から在宅勤務をしました。

行き先は運良く子供が卒園した幼稚園へ。
懐かしい先生に会え、懐かしい教室にまわり子供達はとても楽しそうでした⭐️

在宅勤務は本当にありがたい制度です。
この制度のおかげで今年はクラス役員とPTAの運営委員会の仕事もできています。


●最後に
弊社、FileMaker トレーニング「サポータストレーニング」を始めました。
ご興味ある方は是非アクセスしてくださいね。

FileMaker トレーニング 『サポータス トレーニング』 | サポータス

私もトレーナーやっています♪♪

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

次回をお楽しみに。

ワークライフバランス

開発のヤマちゃんです。

 

残りの所定労働時間も残すところ5時間となりました。産休までカウントダウン中。

そんな中、人事労務系の本をオススメされたので読んでみました。

 

 

主に人事労務の社内制度に関する本ですが、ワークライフバランスの実践について書かれている部分に思うところがあったので、ちょっと長いですが書き留めておきます。

社内制度を作る会社側の目線から、ワークライフバランスを考え直すきっかけになりました。

 

本当のワークライフバランスは「仕事のできる人」にしかできない

ワークライフバランスとは「仕事と私生活の調和」です。

Twitterで働くママのツイートを拝見していると、私と同じように時短勤務の方も多いです。また最近は「会社はパパを早く家に帰してほしい」という声もよく目にします。

短時間勤務・長時間労働の是正を求めている人は多いのではないでしょうか。

 

短時間勤務は時間に制限があるため、仕事の効率化が大きな課題になります。

私自身も4年間短時間勤務をして肌で感じています。

 

この本の中で「仕事のできる人」は短時間で効率よく成果を上げることは可能だけれど、逆にそうでない人はプレッシャーに押しつぶされてしまうことがある…と書かれています。

「仕事のできる人」というと語弊があるような感じがしますが、ここでは「タイムマネジメントができる人」のことを指しています。

自分の裁量で仕事のスケジュールを組むことができる人のことです。

 

タイムマネジメントができない人の例

  • 責任感が強く、任された仕事の優先順位がつけられない
  • まじめで、一度決めたスケジュールを臨機応変に変えられない

 

ぐぅ...これは…あるあるですね...

 

では、タイムマネジメントができない人は、短時間勤務で活躍することはできないのでしょうか。

この本には、会社がどうタイムマネジメントの教育をしていくべきかという具体的なアイデアも書かれていました!(気になる方は書籍をどうぞ~)

復職後に会社へフィードバックして、皆で共有できる場を設けたいと思います。

 

 

 

ワークライフバランスを一日の時間軸で考えない

保育園のお迎え担当のパパママの場合、たった15分の残業で保育園の追加料金が発生してしまうという人もいるのではないでしょうか。

仕事が終わって家に帰れば「第2ラウンド」の始まり。晩御飯の支度、掃除洗濯、子どものお風呂から寝かしつけ。

子育て中はとにかく時間の余裕がないので、サポータスには短時間勤務・在宅勤務制度に魅力を感じて応募してくれるママがたくさんいます。

 

ただ、短時間勤務や在宅勤務制度の導入で、みんながみんなワークライフバランスを実現できるわけではありません。

実際に、サポータスで短時間勤務からフルタイムへ変更した同僚ママに話を聞いたところ、収入も増えたし、時間に追われず伸び伸び働けるようになったとのこと。

また、在宅勤務制度を利用しているママ社員の中で、週5日在宅勤務を希望する人はほとんどいません。確かに1人で作業するときは集中できるし効率がいいけれど、会社に来た方が周りを頼りやすいし情報共有しやすいので効率がよいこともあります。

 

この本の中で、厚労省が推奨しているワークライフバランスは一日単位の「近視眼的」なものだと指摘されています。

ワークライフバランスとは「仕事と私生活の調和」であり、「どんなことに価値をおいた人生をおくりたいのか」「自分のライフで大切なものは何なのか」によって決まるものなので、中長期的な視点が必要ですね。

 

給与が下がっても勤務時間を短くしたい人もいるでしょうし、残業してでも給与がたくさん欲しいという人もいるでしょう。

同じ子育て中のパパママでも、家事育児を夫婦で分担している家庭もあれば、妻がワンオペという家庭(わが家)もあります。家庭の事情によって、子どもがいても短時間勤務が必要ない場合もあります。

 

若いうちにたくさん経験を積んで、その余力で人生の後半は楽に過ごすという考えもあります。

 

axia.co.jp

子どもが生まれてからは勉強する時間がないので、私も独身時代~出産前の仕事の経験を食いつぶしながら働いているような気がすることも。

 

昔の自分に救われることも。 

 

 

ワークライフバランス」という言葉が先行していて、自分のワークもライフも見失ってしまいそうな時がありますが、”こうあるべき!”という一般論に流されず、産育休中に自分なりのワークライフバランスを考えてみたいです。

 

書籍紹介

優良企業の人事・労務管理 (PHPビジネス新書) 

f:id:mama_blog:20170804123327j:plain